新しいモノに敏感な皆様!商品マニアの皆様!お薦めのアイテム情報や注目スポットなどの掘り出し情報をお寄せ下さい。
ご応募はコチラ!!
現在までのOA情報!

« 脳トレの次は念力? 管理人安達 | トップページ | 和菓子百珍 管理人安達 »

2007/05/12

新スタイル茶道 管理人安達

千利休が茶の湯を大成してから約400年

初めてあぐらでの点前「座礼」が考案され

あぐら用の茶道具「座礼棚」が発表されたというニュース。

点前という言葉がきになったため

取り上げさせてもらう。

うーん、どうも点前とは

茶道のお茶を振舞う一連の動作を言うようで

あぐらでの点前とは

正座が苦手の人でもお茶を楽しんでもらえるように

考案された作法の形みたいなものらしい。

ちなみにこの点前の前に新しく点前が考案されたのは

今から135年前、

正座が苦手な外国人向けに椅子とテーブルによる

点前「立札」だそう・・・

なぜ、そのときにあぐらの点前も思いつかなかったのか・・

茶道の道はまだまだ深そうである・・。

眞鍋さん&ブログッズ仲間と、ココログ(無料)はじめよう☆

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171510/15041141

この記事へのトラックバック一覧です: 新スタイル茶道 管理人安達:

コメント

コメントを書く